好きだった人の話を聞いて欲しい
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1351081453/
96:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 10:58:21.14 ID:aLBhOFK/0

おはよう、今から続き書いていく


part1はこちら↓
好きだった人の話を聞いて欲しい

98:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 11:16:57.46 ID:aLBhOFK/0

そんな生活を1ヶ月ほど続けていた頃、私の知り合いであるT(女)から連絡が来る。
Tは友達の友達という感じで、前に一度遊んだ程度でその時になんとなく連絡先を交換していた。

T「今家出してんだって?彼氏と2人で家に来る?」
私「いいの?じゃあ今からタクシーでTの家まで行くね」
T「いいよいいよ、うちが迎えに行くよ。今男友達と遊んでいるから迎えに行ってもらうわ!」
T「家出してんだから節約しとけってwww」

前にあったTの印象は金髪でピアスもたくさん開けておりギャルというよりはヤンキーファッションだった。
喧嘩が強いらしいとの噂も聞いたことがあった。
外見は怖いが話しやすくていい人という記憶があった。
ちなみにTの外見は土屋アンナの顔をパンパンにして眉毛をなくしたようなイメージ。
目付きはかなり悪かった。


99:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 11:29:35.59 ID:aLBhOFK/0

Aと2人で待っていたら黒いワゴンで後ろの方の窓が全部真っ黒の車が1台止まった。
中からTが出てきて私達に車に乗るように言い、Tの家へ向かった。
車の中には25歳前後位の男の人が3人乗っていた。
みんな外見は怖かったが優しく話しかけてくれた。

Tの家は普通のどこにでもある一軒家で2階にあるTの部屋に案内された。
そこで自己紹介をしあって皆でお酒を飲む事になった。
TもTの男友達もしきりにAの外見を褒めていた。

Tの男友達1「A君だっけ?かなりかっこいいねー!」
T「ねー!うちも思った!めっちゃ赤西仁に似てる!!!」

Aの事が褒められて嬉しかった。
次の日の朝早くにTの男友達は帰って行き3人でゴロゴロしていた。
昼頃にTがチャーハンを作ってくれてそれを3人で食べたり、TとAは2人でTVゲームをして私はそれを見ていた。
自分の友達であるTとAが仲良くなるのは単純に嬉しかった。


100:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 11:47:04.55 ID:aLBhOFK/0

Aの事が褒められて嬉しかった。
次の日の朝早くにTの男友達は帰って行き3人でゴロゴロしていた。
昼頃にTがチャーハンを作ってくれてそれを3人で食べたり、TとAは2人でTVゲームをして私はそれを見ていた。
自分の友達であるTとAが仲良くなるのは単純に嬉しかった。

夕方になってAと一緒に帰ろうとすると
T「何で帰るの?もっと今日も家に泊まりなよ!!」と言って来た。


101:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 11:47:35.25 ID:aLBhOFK/0

私「2日続けては悪いし今日は2人とも仕事に行くよ」
T「なんでー?いいじゃん別に!!!」
私「ごめんね?泊めてくれてありがとう」
T「Aも帰りたいの?(この時自然にAを呼び捨てにしていた)」
A「俺は別にどっちでもいいけど?」
T「ほらー!Aは良いっていってんじゃん!うちとAが2人で泊まってもいいの?www」
私「わかったよ・・・今日も泊まらせてもらうね」

またTの家に3人で泊まることになり、3人でお酒を飲んだりゲームしたりした。
朝方になって2人はゲームで盛り上がっていたが、私はウトウトしてきてTが敷いてくれた布団に横になっていた。
気が付くと私は少し寝ていたみたいで目を覚ますとTとAはゲームをやめていて2人でお酒を飲んでいるようだった。

楽しく話している2人が気にはなったがゲームの事など大した話をしていなかったので私はそのまままた眠りについた。
朝になってAが隣で眠っていて安心した。Tは1人でベッドで寝ていた。
その日は2人ともTの家から仕事へ行った。
それからTには何度も遊びに誘われるようになった。


102:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 12:10:04.86 ID:aLBhOFK/0

Tには年上の男友達が何人もいてそのほとんどがTの事を好きらしかった。
Tは太っているしそこまで可愛い訳でもないのに何故かモテていた。
腕には何人かの男の名前がカッターで彫ってあったし、根性焼きも何個かあった。
経験人数も16歳の時点で50人を超えているようで援助交際をしていた過去もあった。
世間で言うモテるタイプとはかけ離れたスペックだったのでどんなにAとTが仲良くしていても私は勝手に安心していた。
Aも「Tみたいなタイプだけは無理。援交してたとかキモいし」と言っていた。
だから後に私抜きでTとAが遊ぶようになってもあまり気にしていなかった。
(2人きりじゃなく他に友達もいると言っていたので)


103:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 12:10:36.00 ID:aLBhOFK/0

家出をして3ヶ月が経った頃、Aと別行動をしていた時に私は警察に補導された。
Aは荷物を取りに実家にこっそり帰っている所だった。
親から捜索願が出ていたらしく警察にはすごく怒られた。
荷物を調べられキャバクラの名刺が出てきてただの家出では済まなくなり警察署に1晩泊まることになった。
警察には携帯を没収されなかったためAに電話をすると繋がらなかった。仕事に行ったと思っていたのでメールを送っておいた。

次の日警察に親が迎えに来て家に戻ることになった。
母も叔父や叔母も本当に心配してくれていたようで誰も私を怒らなかった。
「帰ってきてくれて良かった」と言ってくれた。


104:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 12:21:09.72 ID:aLBhOFK/0

母「もう2人の事は反対しないからA君にも家に帰るように連絡しなさい」
母「A君が帰ってきたらこれからの事をA君の両親も交えて話し合おう」

母の言葉が本当に嬉しかった。
嬉しくて早くAに言いたくて何度も電話やメールをしたけど全然繋がらなかった。
Aの家に電話をかけたがAはまだ家に戻っていないようだった。
Aの事が心配になりTに連絡することにした。


105:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 12:23:20.77 ID:aLBhOFK/0

私「Aと連絡が取れないんだけど何でだろう・・・T知らない?」
T「え?何で?Aどうしたの?うち知らないよ!ここ1週間くらい会ってないし」
私「そっか・・・どうしよう・・・(私泣き出す)」
T「大丈夫?うちからもAに連絡してみるわ!」
私「うん・・・お願い・・・ありがと・・・」
T「じゃあ何かわかったら連絡するね」

でもTから連絡は来なかった。
更に3日くらいしたあと私からTに連絡をした。


107:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 12:31:53.70 ID:zv0D0CU3O

Aの事はかなり初期からDQNだと思ったが、ここまでとは
中高と男性恐怖で良かったと今初めて思ったわ


108:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 12:33:29.46 ID:aLBhOFK/0

私「Aの事何かわかった?」
T「うーん・・・Aに電話してもメールしても通じないよー」
私「そうなんだよね、携帯の電源は入ってるみたいななのに」
T「うちの男友達のところとかに行ってるのかもしれないし色んなやつに聞いてみるわ」
T「だから心配すんなって!!!じゃあまた連絡するわ」
私「うん・・・ありがと。Tにも迷惑かけてごめんね・・・」
T「2人ともうちの友達じゃん!気にすんなって!」

Tは親身になって話を聞いてくれて私とAの事を本当に心配しているようだった。
それでもやっぱりAからもTからも連絡が来なくて私はまたAの家に電話をかけた。


109:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 12:40:14.47 ID:aLBhOFK/0

Aの母「Aなら家にいるけど代わる?」
私「え??A家にいるんですか?お願いします!!!!」
Aの母「ちょっと待ってね」(Aを呼びに行く)
Aの母「Aが出たくないって・・・そういえばあなた達別れたんじゃないの?」
私「え・・・?A君がそう言ってたんですか?」
Aの母「とりあえずAに連絡するように言っておくから待ってて頂戴!」

そう言って一方的に電話を切られて1時間くらいした頃、携帯にAから着信があった。


110:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 12:54:44.12 ID:aLBhOFK/0

私「ねぇ何で連絡くれなかったの??私何かした??」
A「別れよう」
私「は?」
A「別れようって言ってんの!じゃあもう電話してこないでね~」
私「ちょっと待」ブツッ

何度もかけ直してもAは電話に出なくて再度Aの家に電話をかけ、Aが出た。

A「もう電話してくるなって言ってるじゃん」
私「何で?」
A「もう別れたから」
私「意味わかんないよ!私がなにかしたの?」
A「別に~」
私「ちゃんと話してくれないなら今からAの家に行くから」
A「は?来るなよ」
私「もういい!今から行くから!」

私は電話を切ってすぐにAの家に向かった。


111:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 12:55:38.92 ID:aLBhOFK/0

Aの家に着きAの母が出てきて2階にAを呼びに行った。
2階ではAとAの母が揉めていたが、しばらくしてAは降りて来た。
久しぶりに見るAはどこか雰囲気が変わっていた。
よく見るとAの白い首筋に何個もキスマークらしき跡がついていた。
私は嫌な予感がしてAの部屋に急いで向かった。

Aの部屋にはタバコを吸いながらゲームをしているTと知らない男の人がいた。


113:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 13:03:21.27 ID:aLBhOFK/0

状況が理解できなくて泣きじゃくる私にTは言った。

T「大丈夫?とりあえず落ち着きな?Aの家にも迷惑だし外に出よう?」
Tにも言いたいことはたくさんあったがそれに従った。

一緒にいたTの男友達も含めて4人でAの家の近くの公園に行った。
Tは「うちが話すから」とAに言い私とTの2人で話すことになった。

私「Aと連絡取ってたんだ。嘘つき」
T「だってAから口止めされてたからさ」
私「だからって私がAの事心配してたの知ってたじゃん!」
T「でもAとの約束も破れないしさーだってどっちも友達じゃん」
T「てかAと別れたんでしょ?ならもう関係なくない?」
私「はぁ?別れてないけど!!!」
T「Aは別れたって言ってるよ、それにAにはもう新しく付き合ってる奴いるから」
私「どういう事?誰なの?」
T「Aに聞いてみればー?www」

私はAに誰と付き合っているのかを尋ねた。
始めは「言いたくない」と言って黙り込んでいたが、Tが「言えばいじゃん」と言うとその人物を教えてくれた。


116:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 13:26:54.70 ID:aLBhOFK/0

Aは「Tと付き合ってる」と言った。
もう何て言っていいかわからなくて泣くしかなかった。
Tは白々しく「ごめんねー。うちもAの事好きだったからさ」と言ってきた。
Aが他になんて言ってたかは覚えていない。
AとTと男友達はこれから用事があって時間ないからと言って私を無理やり家まで送っていった。
家に帰って一人で泣いたあとやっぱり納得できなくてAにもTにも何度も電話をした。
何十回電話したかわからないけど、しばらくしてTが電話に出た。

T「お願いだからもううちの携帯に電話しないで・・・」
Tは泣いているような声だった。
何で泣いているのか意味がわからなかったが、Tに「電話するならAにして」と言われたのでAにまた何度も電話をした。
それでも出なかったのでまたTに電話をするとAが出た。
そこでTの泣いている理由が判明する。


117:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 13:34:33.68 ID:aLBhOFK/0

AとTと男友達の”用事”というのは”葬式”の事であった。
Tの親友の女の子が彼氏とのドライブ中に、彼氏が起こした事故によって亡くなっていた。
その女の子とは私も一度だけTに紹介され遊んだことがあった。
Tの友達にしてはまともな子でちゃんと高校にも通っていて外見も普通の女子高生だった。
私も元は真面目な学生だったのでTよりもその友達との方が気が合う位だった。
なので1度しか会った事がないとはいえ、本当に悲しかった。
親友が亡くなっているのにTはAの家で先程まで笑ってタバコを吸ってゲームをしていた。
それにさっきまで一緒にいたTの男友達こそが、事故を起こした張本人である彼氏だった。
その男友達も彼女を死なせておいてTと一緒に笑ってゲームしていたのだ。
何だか気持ちが悪くなった。Aの事なんてどうでもいいと思うほどその事の方が不快だった。


118:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 13:40:12.73 ID:NslQphJD0

なんか携帯小説のような恋愛やな


120:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 13:43:06.53 ID:aLBhOFK/0

A「Tは今親友が死んで本当やばい状態だからもう電話してこないで」
私「そんなの私に関係ないじゃん」
A「お前、人が一人死んでいるのに最低だな」
A「Tは親友からの最後の着信履歴を残しておきたいからお前に電話するなって言ってんの」
A「もう本当に電話してくんなよ、人の気持ちも考えられないなんてお前本当に最低だわ」

好き勝手に私を罵倒してAは電話を切った。
何度かけ直してももうAは電話に出なかった。
Aの家の電話も着信拒否されているようで繋がらなかった。


121:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 13:43:13.51 ID:pVrKQQL50

てかTのまわりの男友達はTに片思いしてるのに、TとAが付き合ってもいいのかよ?
なんかそいつら麻痺してね?


125:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:06:17.19 ID:Ruk21O8c0

>>121
片思いとか口で言いつつただのセフレなんじゃねぇの


126:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:12:21.56 ID:NslQphJD0

>>125
それありそうだな


127:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:15:40.31 ID:aLBhOFK/0

>>125
うん
今まで出てきた男友達全員とヤってたよ


122:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 13:53:06.51 ID:aLBhOFK/0

母が仕事から帰ってきてAとTの事を泣きながら話した。
母は私とAが別れたことを喜んでいて叔父や叔母にも連絡していた。
「お母さんはTちゃんに感謝してもしきれないよ!本当に別れて良かった!」と言っていた。
本当に嬉しそうだった。

母の幸せそうな顔を見て、私はもうAに連絡することをやめた。


123:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:02:24.10 ID:aLBhOFK/0

それなのに今度は向こうから連絡を取ってきた。
ある日の夜中にTからすごい剣幕で電話がかかってきたのである。


124:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:05:54.62 ID:aLBhOFK/0

T「おい!今Aといるんだろ!!!」
私「は?いる訳ないじゃん!あんたと付き合ってるんでしょ?」
T「嘘ついてんじゃねーよ!!!今から家に行くからな!!」
私「いや本当にいないから!来ないで!」

電話を切られて10分くらいして家のチャイムが鳴った。
母も起きてきてTから電話があったことを伝えると母がインターホンに出た。
Tの友人だと名乗る男の人だった。
用件を聞くと「Aの居場所を知らないか?」と言われ、母は「もううちは関係ありませんから」と答えた。
男は「そうですか。わかりました。すみません」と言って帰っていった。

しかし5分後再びチャイムが鳴り今度はTが来た。
母が同じようにあしらっても何度もチャイムを鳴らしたりドアを叩いたり蹴ったりしていた。


128:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:16:18.09 ID:aLBhOFK/0

仕方がないので警察を呼ぶことにした。
警察はすぐに来てくれ家の前にいるT達と話をした後、家に来て「Tの話も聞いてあげて欲しい」と言った。
警察と一緒に私も家の前に出るとTと男友達2~3人が一緒に来ていた。怖そうな人ばっかりだった。
警察はTに「彼氏と連絡が取れなくて不安だったんだよな?」と言ってあまり注意してくれなかった。
私はTに携帯を見せ、Aと連絡を取っていない事を何度も言った。
Tは私を疑っていたが男友達の説得もあり、帰っていった。
Aからは本当に何の連絡も来ていないしTも以前の自分と同じ目に合ってると思うとざまぁwwwと思った。

その頃私は家出のせいで単位が足りなくなった高校を中退した。
母に大学に行って欲しいと言われたので、高認試験を受験することに決めた。


132:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:31:56.52 ID:aLBhOFK/0

Tからは度々、嫌がらせを受けた。
私のバイト先に来て悪口を叫んでいったり、周りにも私の事をある事無いこと(無いことばかり)言いふらしていた。

Aと別れて1年が経った頃、私にも新しい彼氏が出来た。
Aとは違って付き合うことが決まった時に母にちゃんと挨拶をしてくれた。
Aの事もあり、付き合っていることに良い顔をしなかった母も次第に認めてくれた。
ちゃんと向き合えば家出なんてしなくても母はわかってくれた。

私に新しい彼氏が出来た事を知ったTは私の彼氏のバイト先を突き止めて彼氏に会いに行った。
彼氏はTみたいな人の言うことをまともに聞くほど馬鹿ではないので特に問題はなかったけど、
別れて1年も経ってるのにまだ執着されていることが本当に怖かった。


134:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:40:58.60 ID:aLBhOFK/0

先ほどの新しい彼氏とは付き合って半年程で別れてしまった。
私が大学へ入学したあとも相変わらずTとAは付き合っていた。
19歳の時に2人に子供が出来て結婚した事が分かった。
その時にはもうAの事なんて忘れかけていたが、ショックだった。
私は産んであげられなかったのにTはAの子供を産むんだと思うと許せなかった。
でもどうしようも出来ないので一人でたくさん泣いた。

そして今から2~3年前、2人は離婚したと噂で聞いた。
Aにはもう既に新しい彼女がいるらしい事も聞いた。
Aと最後に話した時から5年が経っていた。

Aとの事は初めての彼氏だった事もあって、あんなに嫌な思いをしたのに良い事しか思い出していなかった。
今こうやって書くまで私は思い出を完全に美化していた。


135:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:43:05.89 ID:aLBhOFK/0

ごめん、ここからは現在の話だから上手く整理ができない。
文章がわかりにくくなるかもしれない。


138:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:46:36.84 ID:O2zVlDp20

>>135
焦らなくていいぜ


140:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:50:02.68 ID:aLBhOFK/0

>>138

ありがとう


136:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:43:58.34 ID:Ruk21O8c0

二人目の彼氏とはなんで別れたの?


139:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 14:49:10.25 ID:aLBhOFK/0

>>136
AやTとの事は関係なくよくあるすれ違いで別れたよ


141:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:00:00.02 ID:aLBhOFK/0

去年の今頃、某SNSでAから連絡があった。
始めは名前を名乗らなかったので誰かわからなかった。
「昔は色々とごめん」というメッセージが送られてきた。
それでもまさかAだとは思わなかった。
名前を聞くとAだと言った。


143:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:05:35.87 ID:aLBhOFK/0

「全然気にしてないよー^^」みたいな当たり障りのない返事をしたと思う。
何だかんだでやり取りは続いてアドレスを交換することになった。

Aには新しい彼女がいてもうすぐ結婚すると言っていた。
新しい彼女は今までと違って真面目なタイプだとも言っていた。
私はその頃既に社会人でそれなりに幸せな生活を送っていたのでAが幸せなことも嬉しかった。


144:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:11:18.53 ID:aLBhOFK/0

私が大学に行った事や今社会人であることも話した。
Aは自動車の部品を作る会社で働いているらしい。

しかしまた何ヶ月かして私からメールするとアドレスが変わっていた。
彼女にもうメールするなって言われたのかなーとか思って大して気にならなかった。


145:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:14:55.08 ID:Jodsc5ve0

しかし、すぐ彼女が出来るAのイケメン具合がムカつくなw


146:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:19:49.10 ID:aLBhOFK/0

>>145
バツイチ子持ちなのにねwww


147:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:29:50.12 ID:f1GCpRlU0

マ、マイちゃんはこれから?


148:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:31:30.56 ID:aLBhOFK/0

>>147
ごめんマイチャンはもう出てこないwww
今も海外に住んでてたまにスカイプしてるくらいwww


149:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:33:59.02 ID:Jodsc5ve0

もう完結?


150:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:37:33.01 ID:aLBhOFK/0

>>149
ごめんもうちょい!
そして現在進行形だから完結はしないんだ


151:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:39:28.96 ID:aLBhOFK/0

今月の22日。私は先月で会社を辞め失業保険を貰い実家でニート生活を謳歌していた。
携帯をいじっている時にアドレス帳にAの名前が残っていたので消そうと思った。
でもなんとなくまたAと連絡を取りたいと思った。
私はAの携帯の番号に「元気?」とショートメールを送った。
番号は変わっていないようですぐにAから「データ消えて誰かわかんない」とメールが来た。
それからまたメールのやり取りを始めた。

Aはすぐに「会いたい」と言って来た。
私は迷ったが8年近く経ったAの姿に興味を持ち会う事にした。


154:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:49:21.61 ID:aLBhOFK/0

出かけることになったので続きはまた書く


155:名も無き被検体774号+:2012/10/25(木) 15:50:43.52 ID:Jodsc5ve0

楽しみにしてるぜー


158:名も無き被検体774号+:2012/10/26(金) 01:19:38.23 ID:r8HxvjD60

帰ってきたので続き書いてく


159:名も無き被検体774号+:2012/10/26(金) 01:20:59.06 ID:bCpxKunf0

おかえりー待ってたでー


161:名も無き被検体774号+:2012/10/26(金) 01:21:49.18 ID:r8HxvjD60

会う日の朝、どこで会うのか何をするのかを決めるのにAと電話をした。
久しぶりに話すAはやっぱり話しやすくて結局4時間も話してしまった。
Aは本当に女にモテる才能があるんだと思う。
「ちゃんと暖かい格好してこいよ」とかそんなさりげない言葉にときめいてしまった。
でも出来るだけ嫌な事を思い出すようにして必死に胸の高鳴りを抑えることにした。
行き先は居酒屋に決まり、近くの本屋で待ち合わせすることにした。


162:名も無き被検体774号+:2012/10/26(金) 01:24:04.15 ID:bCpxKunf0

そういう優しい男って建前だけで中身クズなパターン多いのになんで気付かない女多いんだろうな


163:名も無き被検体774号+:2012/10/26(金) 01:30:43.68 ID:r8HxvjD60

>>162
私だけかもしれないけどさりげなく優しいのに弱いんだよねー
車道側を私が歩いてたら「危ないよ」って場所変わってくれたりするともうたまらん!


167:名も無き被検体774号+:2012/10/26(金) 01:55:09.93 ID:r8HxvjD60

待ち合わせ場所にいたAの外見は昔と何も変わっていなかった。
でも話し方が昔より軽い感じになったきがする。

2人でタクシーに乗り居酒屋へ向かった。

8年振りなのに全くそんな気がしなかった。
「久しぶりだね」とは言ったものの3ヶ月振り位の感覚だった。


168:名も無き被検体774号+:2012/10/26(金) 01:59:17.42 ID:r8HxvjD60

居酒屋に着き個室に案内され適当にお酒と食べ物を頼むことにした。。
Aは昔から偏食家で小食で、多分そこら辺の女の人より食べないと思う。
毎日ほぼお菓子だけの生活らしいが肌も荒れないし太る事も痩せる事も無いらしかった。
私も最近は小食になったので3品ほど食べると2人ともお腹いっぱいになってしまった。
そして次にカラオケに行き、そこでもまたお酒を飲む事にした。
私は久しぶりのお酒とAに会う緊張感や何やらですぐに酔ってしまった。
気が付くと向かえに座っていたはずのAは私の隣にいた。




☆ブログランキングご協力お願いします☆


切っても切れない関係。そこに恋愛が入らなければ
素晴らしい関係になるんだろうに。

なぜか恋愛だけうまくいかないあなたへ
羽林由鶴
青春出版社
売り上げランキング: 33678



ninkiikiji


0628 安室ダンス下手すぎ。糞でも垂らしながら踊ってるの?

0628 【J( 'ー`)し】かーちゃんの彼氏の話し

0628
【ビアン】脈あり・脈なし判断スレpart3【♀♀】

0628抜いた後の切なくなる現象の名前決めようぜ

0628北海道ビアン事情

0628埼玉県のゲイ事情

0628ぜんぜんエロくないのにエロく聞こえたら勝ち

0628なんでガチムチは30代以降が多いの

0628JKレズが経験を語る

0628この症状でエイズ検査行き陽性だった